第1回 創作メダル彫刻展 記念メダル 「女神と工具」






第1回 創作メダル彫刻展 「女神と工具」
原型制作者 / 松岡 隆範

このメダルの意匠には芸術メダルの制作という意味を持たせたつもりです。美の女神を表したメダルに、彫刻に用いる工具をあしらったものであります。女神の肉づけは古代ギリシャのメダル風に特に大まかに扱いました。塑像(粘土による彫刻)に用いる金ベラをあしらったのは、現在、メダルの原型が塑像による場合が多いかです。