第25回 創作メダル彫刻展 記念メダル 「森の主」






第25回 創作メダル彫刻展 「森の主」
原型制作者 / 秋田 健夫

私は、年に数回の山行を、二十年来楽しみとして続けています。自然から受ける安らぎと共に、時には、争い難い自然。力の大きさを見せつけられます。それは、不安とか恐れと言っても過言ではありません。一方、近代の文明社会は、自然を利用することに依って発達して来ました。二十一世紀を迎えようとする今、地球規模での環境の悪化として現われ、これからの文明自体の危機が叫ばれています。日本を含め、東洋の考え方の中では人間も自然の一部であり、生きるもの全ての中に神の存在を認めてきました。ここで、もう一度、自然と人間のあり方を考える上で、私は、自然界の偉大な力の象徴として、森の支配者と言う意味を込めて「森の王」を目で見える姿で表現してみました。あくまでも、自然界と調和の取れた付き合いをしてゆく上での、私の心の中の「森の主」であります。